レンタル携帯でコスパをおさえる【気軽に利用できる】

記事リスト

家庭用と企業用がある

電話

回線の種類がある

連絡方法として固定電話は家庭用や企業用と利用されています。最近は携帯電話の普及から個人では固定電話の利用はやめようとする動きもありますが、オフィスやショップといった法人では安定して利用されています。固定電話の種類として加入権付きのサービスです。アナログ回線とデジタル回線の2種類から選ぶことができますが、アナログ回線は1本の電話回線で1通話のみ利用が可能でデジタル回線は1本の回線から2通話利用することができます。家庭用としてはアナログ回線を企業用としてはデジタル回線が利用されています。電収型電話サービスとは通信会社と直接契約するサービスです。加入権付きサービス会社の回線を使っているため安定感があり、基本料金や通話料も安めです。サービス会社によっては携帯電話会社が参入していて携帯電話へのサービスも付加されています。IP電話はインターネット回線を利用しています。通話コストの削減から通話料へのサービスが反映されており、電話をかける距離に関係なく安い金額で利用することができます。IP電話に含まれいてる光電話はコスト面だけでなく、警察や救急要請といった緊急用番号にも対応しています。企業用で設置される固定電話は家庭用と一部機能が異なるためビジネスホンと呼ばれています。ビジネスホンは家庭用電話機にはない内線と外線機能があり、内線でのオフィススタッフ同士の通話や外線で着信した電話を違う電話に転送することができます。